【#コンパス】新カード追加!ダメカ破壊で全天時代に終止符を




コンパスに新カード来るってよ

ファミ通Appサイトのコンパスページを更新されている太陽王ムハハーン氏が新カードまとめ記事のツイートをしておりました。

詳細はコチラ↓
【#コンパス攻略】ダメカ破壊がついに登場!グスタフとテスラをテーマとした新カード10枚を紹介

なんと今回の追加カードの中には、待望のダメカ破壊カードがあるらしいじゃないですか!
所持者の使用率No.1と言われている全天首都防壁Hum-SphereLLIK(全天)の君臨時代が変わることを期待したいですね(^∀゜)

ダメカ破壊カードは2種類追加予定

【UR】反導砲 カノーネ・ファイエル

・【破】【近】
・前方の敵にガードブレイク攻撃【攻撃倍率:成功/約400% 失敗/約100%】
・対象相手がガード非展開時には失敗となる。

【R】死献薬 シュタルク・トート

・【破】【近】
・前方の敵にガードブレイク攻撃【攻撃倍率:成功/約250% 失敗/約100%】
・対象相手がガード非展開時には失敗となる。

ステータスやクールタイムも気になるところではありますが、注目したいのは【UR】カノーネ・ファイエルの攻撃倍率。
フルークの380%を凌ぐ400%となっており、攻撃寄りなステータスを持っていたら引っ張りだこになるでしょうね。
また、ヒットした相手がガード使用していなかった場合は通常攻撃と同じ倍率しか入らない点は注意したいですな。

【R】シュタルク・トートも攻撃倍率以外はカノーネ・ファイエルと同じ性能で、恐らくクールタイムはこちらの方が短いので
ダメージカットを破壊するという目的だけで言えば、こちらを採用するのも全然アリですね。
レアリティ的にも手に入りやすいと思うので、先に普及するのはこちらでしょうか。

新カード追加後のコンパス予想

ダメージカットは2枚採用が流行る!?

現環境でも少しづつ数を増やしていると言われていますが、ダメカ2枚採用デッキが流行ると予測します。
新カードの攻撃倍率的に、ダメカ破壊後にスタン打ち上げを入れられるとほぼほぼ死亡確定となるので
ダメカ破壊された後にダメカを貼りなおせる2枚構築は理に適っている(?)のではないでしょうか!

持続時間やクールタイムを考慮して、【UR】全天【UR】ノーガード戦法などのメインダメカに、
【SR】ケーニヒ【SR】ピースメーカーミクサブダメカという形で組み合わせるのが強そう。
ただダメカでデッキを2枚圧迫するとなると回復や補助系のカードを採用しにくくなるので、デッキ構築は慎重に行う必要がありそうですね。

桜華忠臣が流行る!?

【UR】カノーネ・ファイエル【R】シュタルク・トートが共に【近】カードなため、桜華忠臣の使用率が伸びると予測します。
元のクールタイムがまだわかりませんが、相手プレイヤー3人がダメカ持ちと仮定すると少しでも回転率を上げたくなるところ。
そこで【近】カードのクールタイム減少スキルを持つ桜華忠臣の出番って訳ですよ。

まあ桜華忠臣の使用率に関しては元々伸びてることもあり、あまり現状と変わらないかも知れませんが、
少なくとも桜華忠臣のデッキにダメカ破壊は確実に入ってくるでしょう。
テンポは悪くなりますが、桜華忠臣のHSとのシナジーも一応ありますしね・・・

ダメカ非採用デッキが流行る!?

俺はこれを推したい!!
ダメカ破壊カードは確実に使用率トップクラスに躍り出るハズなので、
そこいらを腐らせるダメカ非採用デッキを使いましょう(^∀゜)


現に俺のデッキも、時代を先取りして(?)ダメカ入ってないデッキでS8まで到達できてます。
特にガンナーに言えると思うのですが、近接して戦う機会の少ないガンナーはダメカの恩恵を受ける機会が他ヒーローに比べて少ないです。
まあダメカ積んでるとガンナーとの撃ち合いには有利になるメリットもありますが…
ガンナーの皆さん、是非ダメカ積むよりも攻撃カードを積んでデッキ作ってみてください!
やっぱガンナーは火力馬鹿が一番強いですからね(^∀゜)

新カードは全部で10枚!5月29日から入手可能

ということで、ダメカ破壊の2枚を含めた10枚が5月29日からチップ入手可能となるようです!!
全カード詳細はファミ通App様のコチラよりご確認くださいませ。

ガチャでは6月1日から排出対象となる模様。
新カードピックアップガチャみたいなのに期待したいですね。

ダメカ破壊以外にも気になるカードたくさんあるので、俺はガチャ回してみたいと思います!
皆さんも一緒にBM貯め始めましょう(^∀゜)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください