#コンパス 固定にオススメ!強編成解説【8月シーズン】




絶賛8月シーズン稼働中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
俺はちょうど実家への帰省イベントを挟んでしまったため、最低限の参加しかできていません。。。
やっとこさ東京の方に戻ってきたので、これからちょっと頑張ってポイント稼ぎたいと思ってます(^∀゜)






実家に居たこともあって、今回俺は100%野良での参加になっていましたが、
現在シーズン中・カードの修正VerUPを控えているとのこともあり、
個人的な、現時点での「強編成」をまとめてみたいと思います。
固定組みたいな。。。

「強編成」の定義

複数キャラが活躍している#コンパスにおいて、何を「強編成」とするかですが、
俺は「理想勝ちパターンがハッキリしていること」「逆転手段ががあること」の2点を重視します。

1:グスミクルチ

ハイスペックなグスタフが前線で戦い、それを補助する形でミクが立ち回るコンビ。
そこにガンナー枠でルチアーノを置き、逆転パターンも用意した編成になります。
グスタフとミクがセットで動くことでグスのセルフ毒を帳消しにできるため、
一度前線の体制が整ってしまえばグスタフが暴れやすいです。

レベルにも寄りますが、グスタフやミクは忠臣のカノーネが刺さっても
一撃ダウンする可能性が少ないのが強いですね。
但しグスタフの被打ち上げ時毒ダメは痛いため、ミクを過信し過ぎずに
持続回復カードを一枚は積んでおきたいです。
また、C確保時のグスミクの硬さを押し付けるため、序盤のC取り合いに強くなるように
ミクにはスタンカードを入れたいです。
ルチアーノはグスタフが苦手とするスタン搭載のスプリンターにダメージを与えたいので、
前線に加わってもHSを貯めれる旗やリリルル等のHS吸収カードを組み込みたいですね。

【立ち回り】
ミクがC・グスがB・ルチがAを確保し、序盤のポータル争奪からすぐに
ミクとグスがコンビでC防衛又はB拡張に移ります。
ルチはA→Bの順に拡張してHS貯めを大方済ませられると理想的。
中盤以降もグスタフとミクはコンビで動くことを意識し、
グスタフのステータスの圧力をかけていきましょう。
ディズィーやまといが相手に居た場合はミクもHSを貯められれば
相手のHSへの対処が非常に楽になりますが、ちょっと難しいですね。。。

【逆転手段】
言わずと知れたルチアーノのHSがやはり強いです。
全天等のアンチカードはありますが、最低でも1人は落とせる状況で発動することで
戦況はグっと楽になります。
グスタフのHSも非常に強力で、回復を切った後の相手をかなりの確率でキルに持っていけます。
また、グスタフのHSで全天を切らせた後にルチアーノのHSを発動できれば
確実にキルを取ることができます。
若干キツ目な全天アタリへの回答にもなりますね。

【弱点】
ほとんどの編成に互角以上に戦えると思いますが、
前線の維持をグスタフのステータスに頼っている部分があるので
グスタフのプレイヤーはある程度のレベルが求められてきます。
また、瞬間的な火力を出す手段が少ないので、
序盤ワープしてきたジャスティスやジャンヌを処理しきれない負けパターンが大いに考えられるでしょうか。
ルチアーノが早めに前線に出て火力を底上げする等の対応を柔軟にしたいところですね。

2:グス忠臣ルチ

上に挙げたグスミクルチのミクを忠臣に変えたパターン。
耐久力は上の編成と変わらないレベルに高いのでCまで押し込めたら基本的に有利です。
ミクが忠臣になったことで、グスタフのデッキ幅はかなり狭まってしまいますが
現在の強カード、フルークとカノーネをふんだんに使える忠臣を投入することで
戦闘力は格段に上がります。
スプリンターを採用していないため、天翔けミク等をルチアーノ辺りに仕込ませたいです。

【立ち回り】
開幕で天翔けミク等の速度上昇を撃ってスプリンターがいない序盤の弱さをカバーします。
速度が上がったグスタフと忠臣がこぞってCに押し寄せる様は
相手側からしたら恐怖を感じるでしょう。
忠臣がうろつくだけで敵はカノーネやフルークを警戒せざるを得なくなるので
前線を維持する力は非常に高いと思います。

【逆転手段】

上に挙げた編成と同じく、ルチアーノ・グスタフのHSがあります。
またこの編成は加えて忠臣のお手々もあるので、全天を切らせる強制力はより高くなっております。

【弱点】
スプリンターがいないため、敵スプリンターやドアの裏取りへの対処が辛いです。
特にディズィーのHS→ドアのコンボへの対応が非常に難しいので、
中盤以降は速度上昇カードを温存するか、こちらもドアを仕込むかの対策が必要になると思います。
また、上に挙げた編成以上にステータスの暴力を狙うことになると思うので、
瞬間的にステータス負けするリリカのHSには注意を払いたいです。

3:リリマルテスラ

マルコスの覚醒を早めるリリマルのコンビにテスラの搦手を加えた編成。
マルコスが早々に覚醒することで、中盤以降の殴り合いに競り勝てる状況を作ります。
また、テスラに呪詛包帯を仕込み、リリカの長射程をフルに活かすことも狙いにあります。
耐久面に不安が残るパーティなので、全員ダメカ・回復手段は用意しておきたいところ。
マルコス・リリカ共にカードの発動が遅いので、あまり攻撃カードは積まずに
秘めたる力の覚醒やマジカルスクエアを仕込んでおきたいとこです。

【立ち回り】
リリマルでA、テスラでBを確保、またはテスラはC行ってリリマルがBで溜めます。
混戦が予想される場所に呪詛包帯を設置できれば、
自ポータルからリリカの高火力とマルコスの枝でボコスカ殴る布陣ができあがります。
モチロンですがマルコスはキルを取られない立ち回りが求められるので、
近接戦になる場合はリリカやテスラがうまく動いて2VS1の状況を作ってあげましょう。

【逆転手段】
リリカのHSになります。
攻撃力・防御力が2倍になるという超絶バフをかけることによって、
一気に敵ポータルを畳みかけたいです。
この時にマルコスが覚醒状態になっていればとてつもないステータスになると思うので
マルコスは前線で暴れたいですね。

【弱点】
基本的に序盤は引き気味に戦うことになると思うので、
遠カードを仕込んだソルやリュウには注意を払いましょう。
ガード張ってもレオンを撃たれるとリリカには致命傷になるため、
特にリリカは遠カードを警戒して動きたいです。
また、マルコスが通常攻撃での立ち回りが基本になるため、
リリカ辺りが相手にうまく全天を吐かせてあげる必要もあります。
そう意味では、この編成はかなり立ち回り重視になりますが、
上手く動ければ鬼3体の相手にも勝ち越せる可能性は高いと思います。

いかがでしたでしょうか。
次の機会にはキャラやカードの単体記事を書いてみたいと思います(^∀゜)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください